職業教育に関する改革

職業教育に関する改革の方針は、国有で集産主義セクターに寄っていた人材教育を市場経済のニーズに寄せた教育に変換することです。この改革は、経済の過渡期に必要とする労働組織の需要を満たすために、労働市場のニーズによって教育の学 …

Continue reading

改革の20年(1986-2005)

1980年代初め頃のベトナム教育の最大の危機は、国が集産主義経済を取り除く一方で、経済的資源を供給することができなかったことでした。結果的に、他の部門と同様に教育も深刻な人材・資源の枯渇にぶち当たったのです。教師も生徒も …

Continue reading