月別アーカイブ: 2017年5月

改革の20年(1986-2005)

1980年代初め頃のベトナム教育の最大の危機は、国が集産主義経済を取り除く一方で、経済的資源を供給することができなかったことでした。結果的に、他の部門と同様に教育も深刻な人材・資源の枯渇にぶち当たったのです。教師も生徒も… 続きを読む »

改革前の歳月(1975-1985)

1975年4月、ベトナムの独立を護り、国土の再統一を目指すベトナム民族解放戦争は、完全な勝利を収めました。勝利の後、南部地方の教育部門のために、政府は2つの事業に重点を置きました。(i)古い教育制度の影響を消し去ること。… 続きを読む »

一時的分離の歳月(1955-1975) その2

一般教育の改革と共に、政府は「無学を無くすための中央運営委員会」を創設しました。委員会は国民の教育を国の計画に不可欠なものとして、文盲をなくすための3年計画を打ち出しました(1956-1958)。その結果、216万1,3… 続きを読む »

一時的分離の歳月(1955-1975) その1

北部に平和がもたらされると、ベトナム政府は新たに解放された地域の教育制度を引き継ぎ、経済の復興を背景に、北部を築き、ベトナム全土の再統一のために闘い、積極的に新しい教育の改革の準備をしました。 この二度目の教育改革のもと… 続きを読む »

ベトナム封建時代と植民地時代の教育

ベトナム人にとって学習を奨励すること、そして教師を尊敬するということは、伝統的価値観のひとつです。古くからベトナム社会の知識人の中には、教師の地位は親よりも高く、唯一国王よりも低いという認識がありました。庶民は、自分達は… 続きを読む »