ベトナムの教育
発展の歴史、挑戦、方策
Menu

生涯教育 06/11/2017


長い間、ベトナムは一貫して識字率を上げるという目標の達成と(初期の反文盲授業、その後の補足授業、そして現在の生涯教育を通して)成人教育の発展に努めてきました。その結果は、何百万人もの人々が文盲から脱したのです。補習授業や在職者訓練クラスにより、多くの人々が知識や理解を深めてきまた。現在、生涯教育は、人々の労働と学習の両立を支援し、生涯学習を行い、人格の向上、そして知識を深めることを目的としています。生涯教育を通して、人々は知識レベルやプロ意識を高め、生活の質や、自己雇用や雇用の創出の機会を向上させ、社会への貢献度も高めるでしょう。

生涯教育は以下のように構成されています。
a) 反文盲と次期教養プログラム
b) 知識及び技術、技術転換の最新化のための特別プログラム
c) 在職者の訓練、再教育、およびプロフェッショナルへの昇格のためのプログラム
d) 国際教育制度の学習過程認定の教育称号

生涯教育ネットワーク機構は、省および、行政区の生涯教育センターと地域学習センターで構成されます。同時に、普通学校や職業訓練および高等教育施設もまた生涯学習プログラムを行う機関として含まれます。2004年度には、61の省が運営する生涯教育センター、517の行政区が運営する生涯教育センター、29の補習教育学校、都市での478の情報技術および外国語教育、そして(農村地帯のコミューンで)5,383の地域学習センターができています。

2010年から2015年までの生涯教育の目標は以下のようになります。
a) 反文盲運動の業績および15歳から35歳の人々の識字率の向上
b) 知識、能力と生活の質の向上のため、教育プログラムとその恩恵を受けられるよう支援し、成人および労働者の学習の機会を拡大すること
c) 全国に国家的な生涯学習機関を設立すること。

カテゴリー: ベトナム教育制度