ベトナムの教育
発展の歴史、挑戦、方策
Menu

ベトナムの概要 06/12/2017

ベトナムは赤道の北に位置し、北緯8度2分から23度23分に伸びるS字型をしています。北に中国との国境を持ち、西にラオスとカンボジア、東側は太平洋と面しています。国土面積はおよそ33万1千キロ平方メートルです。人口は、90パーセントを占めるベトナム民族の主要グループを含めて54の民族グループがあり、8千300万人を超えます。 主要民族グループの公用語はベトナム語です。行政区画は、64の中央直轄の省と市に分けられており、659の地区・町・省直轄の市、そして1万732の市町村、自治体、特定地区と町があります

貧しい国であるにも関わらず、大いなる偉業を成し遂げてきました。ベトナムは国内総生産の価値を高め、輸出取引を増やし、人口成長率をコントロールし、生活水準を向上させ、農村地域の貧困を減らすなどしたのです。教育部門では、似通った経済発展状況の国々と比較して堂々たる結果を残しています。生産年齢人口の90パーセントを超える人々が読み書きすることができ、初等教育対象年齢児童の98パーセント以上が学校に通い、男児と女児の入学率もだいたい同様です。大学への進学率は20パーセント以上となっています。ここ最近倍増しているとはいえ、日本と比べてまだまだ低いです。そのため、ベトナムでは学士を持つことの価値は高く、優秀な人材の確保が難しくなっています。

ベトナムで優秀な人材を確保するには人材紹介会社への依頼がオススメです。
ベトナム求人なら人材紹介会社キャリアリンク
ベトナムでエンジニアの人材紹介はブリスウェル

世界銀行(WB)が計画した、アフリカの6つの国の政策担当者と行う研修旅行で知識を共有するため、この報告書はベトナムのここ数十年を超える教育発展の歴史、特に様々な困難を克服し、現在の偉業に到達するために行った取り組みについて説明することを目的としています。同時に、ベトナムが「2015年までの万人のための教育(FEA)」を達成し、グローバリゼーションを背景とする「産業化と近代化そして情報通信技術のニーズに応える」目的で、教育の発展を増進させるための課題を明白に示すことも試みとしています。

カテゴリー: その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です